減量だけでは続かない

減食だけでやせようとすると…...

やせるためにしなければならないことの第一は、 いうまでもなく食べる量を減らすことです。でも、 それだけでよいのでしょうか。

肥満した人はさまざまな病気にかかりやすく、 また死亡率も高くなることは、すでにお話しした とおりです。にもかかわらず、健康の面では太っ ているほうが安心だと考えている人がいます。や せると体力がなくなり、病気に対して抵抗力がな くなるから、というのがその理由です。

貧血に注意

この人たちのいうやせるとは、どうやら体のあらゆる組織 が減ってしまった状態をさしているようでてこ のようなやせ方、つまり減食によってただ体重が 減るだけで、体のすべての代謝が低下してきて、貧血 になったり肝機能障害を起こしたりします。

ホルモンの分泌一旦低下していろいろ義になったり 女性であれば生理が止まったりします。減量でき たとしても健康をそこなってしまうことが多いの です。

筋肉を減らさない

行きすぎた減食は筋肉を減らしてしまい ます。筋肉が減ると、かえつて脂肪が減りにくく なり、減量効果を弱めかねません。たとえタンパ ク質を十分にとつたとしても、減食だけではどう しても筋肉も減ってしまいます。筋肉の消失量が 減量分の30%くらいを占めてしまうことさえある のです。

健康的にやせるためには溝勒も必要です  このように、減食だけで体重を減らそうとする のは、はつきり言ってまちがっています。ここで もう一度、減量すること、あるいはやせることの 正しい意味を思い出してください。やせるとは、 脂肪だけを減らすことです。脂肪分を除いた体重 (筋肉や内臓)は、なるべく減らさないようにする ことです。

新着ニュース