若い女性の「体の仕組み」

 

女も男も、18歳前後になると、体の成長が止まります。

 

 

その後は、「老いの坂道」をひたすら下ります。はじめは、ゆっくり。30代に入ると、

 

老化は加速しはじめます。

 

そして40歳前後、体は大きな「曲がり角」を迎え ます。

 

肌にハリがなくなった。

 

顔にシワができた。

 

白髪が出てきた。

 

息切れがする。

 

老眼になった。

 

「中年」の仲間入りをする40歳前後、こうした目に見え、自覚できる体の変調が次第

 

に現れます。いわゆる「老化現象」です。老化は、歳を重ねるにしたがって起こる

 

体の機能の低下です。体のさまざまな細胞や器官が衰えて,本来の役割を果たせなく

 

なるのです。

 

こうした老化現象が一つ二つ、

 

現れていない人もいます。

 

すでに現れている人もいます。

 

一方、

 

まったく何も

 

老化のスピードが、人によって違うからです。

 

「一気に老け込む人」がいれば、rずっと若い人」もいるのです。

 

50歳前後になると、

 

その後の人生を「老けている人」として送るか、「ずっと若い人」として過ごせるか

 

が決定づけられます。

 

「基礎代謝力」が決定づけるのです。

 

女性にはもう一度、

 

体の曲がり角がやってきます。

 

このとき、

 

ant

 

体は眠っている間でも、呼吸や体温を調整したり、熱を生み出したり、血液を循環

 

15させたり、脳を活動させたりなど、無意識的に、食事でとり込んだエネルギーを消費

 

しています。

 

これが「基礎代謝」と呼ばれる働きで、この基礎代謝で消費されるエネルギーの量

 

を「基礎代謝量」と 言います。生きているために1日に最低限必要なエネルギー量で

 

す0キロカロリーで単位を表します。

 

ここで重要になる「基礎代謝力」とは、「体重1キロあたりの基礎代謝量」を示し、

 

その人のエネルギー消費(基礎代謝)能力を表わします。基礎代謝量を体重で割って

 

出します。

 

基礎代謝量がもっとも多い時期は14歳のころ(男性は16歳)。

 

女性の

 

それ以降、

 

基礎代謝力も下がります。

 

一生を通じて、

 

基礎代謝量はどんどん落ちていきます。当然,

 

着々と老化が進みはじめているのです。

 

基礎代謝の機能が低下し、

 

体内で、

 

基礎代謝量の減少、

 

基礎代謝力の低下の大きな原因の一つに、加齢によって筋肉の

 

力が衰え、

 

筋肉の量が減ることがあります。

 

おもに筋肉で使われます。筋肉が弱くなって少な

 

基礎代謝に必要なエネルギーは、

 

くなると、

 

基礎代謝力が低下して老化がますます進みます。

 

基礎代謝力は上がります。

 

逆に、

 

少し筋肉を鍛えてその量が増えれば

 

そして、

 

なります

 

「老化が止まった」と実感するほど、

 

老化のスピードがぐっとゆるやかに

 

基礎代謝という働きは、

 

「若返る仕組み」

 

でもあったのです。

 

1日30分のウォーキングと、10分程度のスクワットや腕立て伏せなどの筋力トレ

 

ニング(筋トレ)を、1週間に4日ほど行なう習慣を持つ110たったこれだけのこ

 

とで基礎代謝力は高くなり、基礎代謝の働きは、「若返る仕組み」として活用できる

 

ようになるのです。

 

更年期を迎えてから始めても遅いと

 

アンチエイジングの新しい人生のペー

 

40代のうちにこの習慣を持ちたいものですが、

 

いうことはありません。

 

ジが開かれます。

 

思い立ったそのとき、

 

基礎代謝力が高まれば、失った肌のハリ、シワ、白髪といった老化現象の多くは、

 

解消するでしょう。それどころか、「5年前、10年前の体に巻き戻す」ことも、おお

 

いに可能になります。

 

「内側から湧き出る若さ」が、

 

すぐにあなたのものになるのです。